「黄昏昭和の駅前で」 作詞・作曲:亜沙 


街並みは移り変かわって
面影はどこかへと消えた
懐かしい風に吹かれて

 

急ぎ足、息つく暇もない
終点に咲いた 傘は鮮やか

 

それぞれの場所へ帰るのでしょう
明日は容赦もなく来るけれど
何処へ向かうのだろう?

 

黄昏昭和の駅前
あなたの乗る電車を待っていた
嗜みのタバコを咥えながら
煙る思い出の中は美しい
昭和のあなたの思い出

 

人生の中で、一番綺麗な思い出があれば
生きていけると
いつか言ってたよね
わからなかったけれど
たしかに一理あるね

 

黄昏昭和の駅前で
あなたの乗る電車をまっていた
「 酩酊」

 

黄昏昭和の駅前で
あなたの乗る電車を待っていた
改札越しに見える人混みの
中にあなたの帰りを待ってる

 

昭和のあなたの思い出
昭和の最後の思い出

【中文翻譯】黃昏昭和的車站前

街道經過時間慢慢改變
它們的原樣消失到哪裡去了

令人懷念的風吹來

快步前進,連休息的空閒都沒有
終點開著漂亮的雨傘花

他們都會回到各自的歸處吧
明天也會毫不留情的到來
然後又會去往何處呢?

黃昏昭和的車站前
等著你搭的電車到來

一邊叼著喜歡的煙
朦朧的回憶很美

昭和的你的回憶

人生只要有一段最美麗的回憶
就可以活下去

是什麼時候說的呢
雖然不知道
但的確有一番道理

黃昏昭和的車站前
等著你搭的電車
「 酩酊」 

在黃昏昭和的車站前
等著你搭的電車

看著驗票口的人潮
等著你的歸來

昭和的你的回憶

昭和最後的回憶

文章標籤
創作者介紹
創作者 亜沙重症 的頭像
亜沙重症

亜沙重症( ゚д゚)迷妹人生

亜沙重症 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()